家賃収入を得たくてアパート建築を考える人は、じっくりと返済計画を立てましょう。単純に年利何%だから何年で返済できますなどといった美味しい話だけで飛びつくのはやめましょう。ずっと満室ということはなく、退去する人がいれば、その次の入居者が決まるまでの間は空室となり、家賃は入ってきません。アパートを持つようになれば、修繕費もかかってきます。様々な税金もかかってくるので、計算に含める必要があります。いい話だけでなく、デメリットもしっかりと教えてくれる不動産屋などに相談することをオススメします。年間家賃収入の半分程度の収入しかないと考えて、余裕のある資金計画を立てておくと、なかなか入居者が決まらなくても焦ることはなくなります。入居者の募集や物件の管理が手間なら、管理会社に頼みましょう。管理費がかかってしまいますが、プロに任せてしまうのも1つの方法です。

アパート建築は専門業者に依頼しましょう

最近はアパート建築を行い家賃収入で不労所得を得るなど、本業以外に収入源を持つ方が増えています。アパート建築を専門に行う業者も全国各地に登場していますので、少しでも安く請け負ってくれる業者を選択して依頼することをオススメします。不動産投資は比較的リスクの少ない投資として注目されており、毎月安定した収入を得られる点に魅力を感じるか方も多い状況です。建築費用が多少かかりますが、マイホームと同じようにローンを組むことができますので、家賃収入をローン返済に充てて安定した運用を目指すことをオススメします。専門業者ではアパートに限らずマンションや一戸建てなどの建築も請け負っていますので、利回りの良い種類の物件を選んで建築を進めるのが最適です。まずは専門業者のスタッフに相談して、色々とアドバイスを貰いましょう。

老後の資産運用とアパート建築に関して

百年安心と言われた日本の年金制度ですが、どうも雲行きが怪しくなって来ています。自己責任という表現がありますが、年金をアテにせずに老後の資金を貯えておくことが必要です。かと言って、年齢を重ねると重労働が出来ない身体になってしまいます。そこでお勧めなのが、不動産運営ではないでしょうか。空いた土地があればアパート建築をして、管理と家賃収入で悠々自適の老後を送ってみてはどうでしょうか。建築を専門に請け負う会社もありますし、土地の提供だけで良いケースもあるようです。地方に行くと土地が余っていますし、サイドビジネスとしては最適ではないでしょうか。一人暮らし用のアパートは少ないですし、セキュリティー面を充実させることで若者の入居が増えるのではないでしょうか。退職をした後も老け込む必要はありませんし、攻めの人生設計が求められる時代です。

「レオパレス21」は土地力・賃貸力・管理力の三つの柱でオーナー様を万全にサポート致します。 全国各地でセミナー・イベントを行っています。お近くの方は是非お気軽にお越しくださいませ。 弊社は全国で57万室の管理戸数実績を誇ります。 当社の対象エリアは、支店や店舗などが各都道府県に展開しており、約3万5千棟の管理実績があるので、全国となっています。 安心のサポート体制を望まれるなら弊社まで! アパート建築のことならレオパレス21にお任せください